日本バックギャモン協会掲示板

バックギャモンに関する疑問や、本サイトの感想等がありましたら、お気軽にお書きください。
現在時刻 - 2020/06/07 15:35

All times are UTC + 9 hours




新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 2 件の記事 ] 
作成者 メッセージ
 記事の件名: 絵画に登場するバックギャモン
投稿記事Posted: 2007/10/03 02:04 
オフライン

登録日時: 2007/03/23 12:49
記事: 1353
お住まい: 世田谷区大蔵
現在新国立美術館で開催中のフェルメール展にバックギャモンが登場する絵が展示されています。
作者はフェルメールではなく、ヤン・ステーンですが。
http://milkmaid.jp/
このページの中の「オランダ風俗画を楽しむ」に詳細が出ています。
 《オウムに餌をやる女、バックギャモンをする二人の男と他の人物たち》という長いタイトルの作品。

私はフェルメールが大好きなので、前回モネ展に行った時に予告のポスターを見て
絶対観に来ようと思っていたのですが、思いがけずバックギャモンが登場すると聞いて
ますます行くのが楽しみになりました。

ただし、この場合のバックギャモンは賭博=人間の愚かな側面を暗示する行為
として描かれているそうです。

フェスティバルが一段落したので、今月中に行って見ようと思います。
絵画好きの方、観に行きませんか?
フェルメールは誰が観に行っても、後悔しないと思うけどなぁ。


ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
 記事の件名: フェルメール展ではなかった!
投稿記事Posted: 2007/10/12 02:02 
オフライン

登録日時: 2007/03/23 12:49
記事: 1353
お住まい: 世田谷区大蔵
私は大きな誤解をしていたようですが
今回の展覧会は「フェルメール展」ではなく
フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展
だったのです。
つまりフェルメールの作品は1点しか来ていません。
でも、あのポスターを見て、これは「フェルメール展」だと思った人は多いと思います。

新国立美術館の広報はもしかして元東スポ記者?

でもバックギャモンが描かれている絵は複数あるようなので、そちらを楽しみに観に行こうと思います。


ページトップ
 プロフィール  
引用付きで返信する  
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 2 件の記事 ] 

All times are UTC + 9 hours


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]


トピック投稿: 不可
返信投稿:  可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

ページ移動:  
Powered by phpBB © 2000, 2002, 2005, 2007 phpBB Group
Japanese translation principally by ocean