日本バックギャモン協会掲示板

バックギャモンに関する疑問や、本サイトの感想等がありましたら、お気軽にお書きください。
現在時刻 - 2018/10/15 23:47

All times are UTC + 9 hours




新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 13 件の記事 ] 
作成者 メッセージ
 記事の件名: 廣木勇紀のラスベガスでの近況
投稿記事Posted: 2013/11/19 16:54 
オフライン

登録日時: 2013/02/10 00:00
記事: 97
お住まい: 京都
先日、U-25の代表に選出されました廣木です。
現地での近況を随時報告させていただくことになりました。^^こちらのスレッドで1日に1回程は
その日の出来事や状況、戦況などをUPさせていただきたいと思います。

今回のLas Vegas Openが僕にとって初めての海外での大会となります。現地での経験は、
今後さらにアクティブに活動していくためによい経験になると思います。
ラスベガスでは一時一時すべて勉強だと思いながら生活し、大会でも常に万全の状態で取り組み、集中し、
日本の若手代表として相応しいプレイが出来るように努めたいと思います。

さて、もうすぐ関空から飛行機に乗り込みます!
それではいってまいりますー。

廣木

_________________
廣木勇紀
日本バックギャモン協会事務局
member@backgammon.gr.jp


ページトップ
 プロフィール  
 
 記事の件名: Re: 廣木勇紀のラスベガスでの近況
投稿記事Posted: 2013/11/19 17:45 
オフライン

登録日時: 2013/03/02 06:38
記事: 6
ラスベガスがんばって!日本から応援してる!

あと私信ですがエキシビジョンマッチのミラー配信の許可を貰ってきてもらっていいですか?

それではHave fun!Good Luck!


ページトップ
 プロフィール  
 
 記事の件名: Re: 廣木勇紀のラスベガスでの近況
投稿記事Posted: 2013/11/20 04:08 
オフライン

登録日時: 2013/09/10 19:39
記事: 44
ファイトです!
U25のメンバーとして応援してますよー!

(全く関係ない話ですが)ラスベガス選抜でGGで対戦した時に「このあと感想戦しませんか?」って感じのお誘いを受けてたと思うのですが、1人でガッツリXG使って反省してたので全く気がついてませんでした(>_<)
よかったらまた今度GGとかで練習したりしましょう(^O^)


ページトップ
 プロフィール  
 
 記事の件名: Re: 廣木勇紀のラスベガスでの近況
投稿記事Posted: 2013/11/20 12:16 
オフライン

登録日時: 2007/03/23 10:48
記事: 3930
お住まい: TOKYO
ミラー配信って許可が必要なのか。まだ聞いてないけど100%大丈夫だよ。

_________________
強くなりたい人はMochy & Michyのバックギャモン道場へ!
https://synapse.am/contents/monthly/backgammon


ページトップ
 プロフィール  
 
 記事の件名: 1日目
投稿記事Posted: 2013/11/20 14:57 
オフライン

登録日時: 2013/02/10 00:00
記事: 97
お住まい: 京都
国際線は初めて利用するのでちゃんとたどり着けるかどうか不安だったのですが、途中で偶然景山先生と出会い、
フラミンゴホテルまで導いてもらうことができました。飛行機が少し遅れていて14:00ごろ到着の予定だったのが15:30ごろの到着になって
しまいましたが、おかげさまでスムーズに来ることができました。

フラミンゴはとてもににぎわっています。いつもこんなかんじなのでしょうかね。

今日はまだ大会が始まっておらず、特に何もないので部屋でおとなしくXGに遊んでもらうことにしました。

1日目は以上です 8)

_________________
廣木勇紀
日本バックギャモン協会事務局
member@backgammon.gr.jp


ページトップ
 プロフィール  
 
 記事の件名: Re: 廣木勇紀のラスベガスでの近況
投稿記事Posted: 2013/11/21 05:17 
オフライン

登録日時: 2013/03/02 06:38
記事: 6
望月さん返信ありがとうございます!

それではストリームはじまったらミラーしてニコ生で実況配信したいと思います。

それでは失礼します。


ページトップ
 プロフィール  
 
 記事の件名: 2日目
投稿記事Posted: 2013/11/21 18:18 
オフライン

登録日時: 2013/02/10 00:00
記事: 97
お住まい: 京都
朝8:30ごろ
 このぐらいの時間に目覚めました。

昼2時ごろ
 本日はリミテッドジャックポット(参加費500ドルで32人の11Pマッチトーナメント。賞金総額は14000ドルぐらいだと思います。)に参加しようと思っていたのですが、なんと会場に着いた時には午後2時からの枠がすべて埋まっていました。午後7時から参加費が倍になるかわりにベスト16から始められる枠もあったのですが、少々迷い、断念しました。

昼3時ごろ
 かわりに40$ブリッツ(参加費40ドルで、8人の5Pマッチトーナメント。大会中何度も行われます。1位になると賞金がもらえ、さらに後日にいくつか開催された40$ブリッツトーナメントの優勝者のみで決勝トーナメントを行います。)に参加することにしました。
 8人の参加者が集まるとすぐに始まります。1回戦の相手はなんと、現在のジャイアント世界ランキングで33位のMary Hickeyでした!2週間ほど前にちょうどGammonLife.comというWebサイトの彼女が書いた様々なゲームプランについてのレクチャー記事を見たばかりだったので、よく覚えていました。Maryの方もインターネットで若手の日本代表とアメリカ代表が今日エキシビションマッチを行うというのを見ていたみたいで、僕のことを覚えてくれていたようです。
 肝心のゲームの方ですが、5Pマッチで最初に4-0でクロフォードまで追い詰めたのですが、そこから逆転負けしてしまいましたorz

夜7時ごろ
 本遠征の目的の1つである、日本の若手代表V.S.アメリカの若手代表のエキシビションマッチが7時からありました。対戦相手はBen Friesenという大学生で、今年のUSBGFアメリカ学生チャンピオンシップを優勝して代表に選ばれています。この他にもアメリカのオープンクラストーナメントで実績を多く残している、アメリカ最強の若手プレイヤーです。
 ルールは11Pマッチのデュアルデュエル(マッチの勝敗と、PRのどちらも勝たなければいけない)という実力がとても反映される方式で行われました。前半は1-2のスコアで負けていましたが、そこから4倍のキューブをもってギャモン勝ちし一気に8点をとり、9-2と逆転しました。その後も順調に点を取っていくことができ、幸運も相まって11-3のスコアで勝つことができました。
 PRの方はまだわかりませんが、今のところかなり接戦でひやひやしながら棋譜を入力をしています。最終結果は明日以降報告します 8)



「GammonLife.com,Maryのレクチャー」http://www.gammonlife.com/writers/maryhickey.htm
「2013Las Vegas Open 公式サイト」http://www.nvbg.com/
「2013 Las Vegas Open 2013-11-20,日米若手代表エキシビションマッチを含む動画」http://www.youtube.com/watch?v=vVMqppgZR6Y&feature=youtu.be&a

_________________
廣木勇紀
日本バックギャモン協会事務局
member@backgammon.gr.jp


ページトップ
 プロフィール  
 
 記事の件名: Re: 廣木勇紀のラスベガスでの近況
投稿記事Posted: 2013/11/22 23:32 
オフライン

登録日時: 2008/01/15 15:55
記事: 588
近況の投稿ありがとうございます。
楽しみにしています。


ページトップ
 プロフィール  
 
 記事の件名: 廣木勇紀のラスベガスでの近況~3日目~
投稿記事Posted: 2013/11/23 13:18 
オフライン

登録日時: 2013/02/10 00:00
記事: 97
お住まい: 京都
朝、昨日のエキシビションマッチの棋譜の入力を終わらせましたところ、無事にPRの方も勝利していました。これでデュアルデュエルで行われたこの対決も勝敗がついたことになります。PRの値もなかなかよいものだったので満足しています。昼から会場に行ってみると、結構な人から「Conglaturations!」と声をかけてもらえました。

さて、大会2日目の今日からは、メインのトーナメントがはじまります。
午後2時から行われるチャンピオンシップに挑戦しました。

第1回戦 Yuki Hiroki V.S. Doug Mayfield
いいところがまったく無くスコア3-15で負けました。対戦相手のDougさんは強かったです。2005年に日本に来てJapan Openにも参加されているそうです。早めに終わったのでリエントリーをすることにしました。

リエントリー第1回戦 Yuki Hiroki V.S.Philip
 こちらもいいところがなくスコア5-15で負けてしまいました。途中で相手のプレシジョンダイスの目がとれるという事態が発生し、すこし驚きました。今まで何千何万もサイコロを振ってきましたが、そんなことは初めてです。

 ■教訓:試合の前にダイスはしっかり確認する。

残念ながらメインのチャンピオンシップは2試合ともすぐに負けてしまいましたが、明日からは気を取り直して
はりきってコンソレーションに回りたいと思います。

_________________
廣木勇紀
日本バックギャモン協会事務局
member@backgammon.gr.jp


ページトップ
 プロフィール  
 
 記事の件名: 廣木勇紀のラスベガスでの近況~4日目~
投稿記事Posted: 2013/11/23 17:42 
オフライン

登録日時: 2013/02/10 00:00
記事: 97
お住まい: 京都
ラスベガスに来てから早いものでもう4日もたちます。大会の方は今日はちょうど真ん中の3日目にあたります。
いやしかし、ホテルの中を歩いているだけで本やインターネット上でしか見たことのなかったKit WoolseyやNeil Kazarossなどなど、
他にもたくさんの有名なプレイヤーたちに会えるというのは感動ものです。

さて、今日はチャンピオンシップメイントーナメントのコンソレーションのゲームをプレイしました。コンソレーションは11Pマッチで行われます。

●コンソレーション第1回戦(勝ち) V.S.David
 6-10のスコアで負けていて、さらにレースでもかなり敗勢だったところから逆転勝ちすることができました。2回戦に進みます。

●コンソレーション第2回戦(勝ち) V.S.那須さん
 那須さんとはラスベガスで初めて対面し、ゲームの方も初めてさせていただきました。海外にまで来て日本人同士があたってしまうというのは
少々酷ではありますが、戦わねばなりません。那須さん、対戦ありがとうございました、またよろしくおねがいします:-)

●コンソレーション第3回戦(勝ち) V.S.四鹿さん
 四鹿さんともラスベガスで初めて会いました。ゲームは10-10のDMPにもつれ、さらに非常にピップの僅差なレースになり、最後の最後までどちらが勝つか全くわからないというところまでいきましたが、なんとか勝つことが出来ました。四鹿さんは海外でも様々なトーナメントに参加していて、ゲーム後に色々とアドバイスをしてくださいました。ありがとうございました。

●コンソレーション第4回戦(負け) V.S.Jacob
 相手はかなりじっくりとプレイするタイプのプレイヤーで、僕も気合を入れてゲームに取りくんだのですが、負けてしまいました><


これにて、僕のラスベガスのチャンピオンシップトーナメントへの挑戦は終了してしまいました。
結果はオープンクラスチャンピオンシップコンソレーションベスト16です。もう少し勝てると嬉しかったのですが、
いろいろな人と対戦ができ、すごくよい経験になりました。

チャンピオンシップは終わってしまいましたが、大会は明日、明後日もまだまだ続きます。

to be continued!!!!

_________________
廣木勇紀
日本バックギャモン協会事務局
member@backgammon.gr.jp


ページトップ
 プロフィール  
 
 記事の件名: Re: 廣木勇紀のラスベガスでの近況
投稿記事Posted: 2013/11/24 18:44 
オフライン

登録日時: 2007/03/23 10:48
記事: 3930
お住まい: TOKYO
Exhibition matchの写真。なかなかいい映りですね。


添付ファイル:
1424572_10201777410588451_1346473076_n.jpg
1424572_10201777410588451_1346473076_n.jpg [ 106.84 KiB | 表示数: 3483 回 ]

_________________
強くなりたい人はMochy & Michyのバックギャモン道場へ!
https://synapse.am/contents/monthly/backgammon
ページトップ
 プロフィール  
 
 記事の件名: 廣木勇紀のラスベガスでの近況~5日目~
投稿記事Posted: 2013/11/27 12:43 
オフライン

登録日時: 2013/02/10 00:00
記事: 97
お住まい: 京都
ラスベガスは現在雨が降っています。しかも3日連続です。砂漠のど真ん中にあるのだから雨なんてめったに降らないのだろうと思っていたのですけど、意外です。聞いたところによると現地でもこんなことは珍しいそうです。

昨日、コンソレーションに負けてしまった僕は、本日は$40ブリッツと$100ジャックポット(参加費100ドルで40人ほどの参加の7Pマッチトーナメント。1位には全参加費の2/3の賞金、2位にも1/3の賞金があります。)に参加することにしました。

$40ブリッツでは、1回戦にインターミディエイトトーナメントに出場していたおっちゃんとあたり、勝利。2回戦ではまたもやMary Hickeyとあたってしまいました。すごく親切なよいおばあちゃんなのですけど、流石に勝ちは譲ってはくれません。ここで負けてしまいました。

Maryに負けてからすぐに$100ジャックポットがはじまりました。4回か5回勝てば賞金がゲットできます。今までBenとのエキシビションマッチでしか結果を出していないので、なんとか勝ち切りたいところです。とはいったものの、またもや1回戦で負けてしまいました。$100を砂漠に捨てたようなものかもしれないですが、ちゃんと自分の持っている実力は出しきったつもりです。くいはありません。相手もとても紳士的な方でした。

夕方にはこの日の試合が終わってしまったので、そのあとは夜12時ごろまでずっと日本ではなかなか見ることができない海外のプレイヤーの試合を観戦していました。

日本人プレイヤーとの違いはどんなところか、どういう時に悩み、どういう時にどのくらい時間を使うのか。多くの強者達が集まっていますが、その人のタイプというか特徴というか、皆それぞれ違うように思います。

 大会も架橋に入り、ベスト8やベスト4の試合が次々と行われています。セミファイナルのゲームで、ゆったりとマイペースにプレイするタイプのSteve Sax とそれとは対照的なNeil Kazarossの試合はとても面白かったです。

_________________
廣木勇紀
日本バックギャモン協会事務局
member@backgammon.gr.jp


ページトップ
 プロフィール  
 
 記事の件名: 廣木勇紀のラスベガスでの近況~6日目~
投稿記事Posted: 2013/11/27 13:06 
オフライン

登録日時: 2013/02/10 00:00
記事: 97
お住まい: 京都
とうとう大会の最終日がやってきました。今日はメインのトーナメントで負けてしまったプレイヤーが一斉に5Pマッチの試合を始めるという、ラストチャンストーナメントがあります。

僕は自分で言うのもなんですが、相当運が悪く1回戦でスコア大差ですぐに負けてしまったのですけど、その隣では景山プロがゲームをしていました。少し目を横にやると少々のトラブルがあったようで、ディレクターを呼んで話し合いをしていました。もし自分がこのようなことに直面したらと考えると、英語力もままならず、海外のトーナメントはもちろん国内のトーナメントでの経験も少ない僕は、海外のプレイヤー相手にちゃんと冷静に物事を判断し、実行できるかというと、今は難しいのではないかと思いました。相手の言うがままになって、自分が不利なる状況を許してしまうかもしれないです。

トーナメントで勝ち切るにはバックギャモンの技術はもちろんですが、その他にもいろいろな要素が必要で、メンタルや資金力、トラブル回避力?や一寸の運などなど、総合的に優っている人がいつも上位にいるのではないかと感じました。

ラストチャンストーナメントが終わってからは、望月プロの試合の棋譜を取ったり、他のプレイヤーの試合を観戦したりしていました。

こうしてラスベガスの大会が終わったわけですが、思い返してみると初日にフラミンゴホテルに入ってからまだ1回も外に出ていません。雨が降っていたというようなこともありますが、約1周間のラスベガスの滞在でバックギャモンにどっぷりと浸かり、日本ではできない様々なことを経験することができました。いろいろな人と対戦したり話を聞いたり、全てが僕にとって刺激的でとても勉強になりました。

_________________
廣木勇紀
日本バックギャモン協会事務局
member@backgammon.gr.jp


ページトップ
 プロフィール  
 
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 13 件の記事 ] 

All times are UTC + 9 hours


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]


トピック投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

ページ移動:  
cron
Powered by phpBB © 2000, 2002, 2005, 2007 phpBB Group
Japanese translation principally by ocean