White to play 32

Answer : 4/1* 3/1 (Snowie Rollout : 8/3)
(opponent played this.)
Evaluation (JellyFish 3.0 Level 7)
MOVES       EQUITIES  WIN    G/BG BG     LOST   G/BG BG
4/1* 3/1    +0.280    64.0%  6.4% 0.3%   36.0%  5.3% 0.2%
8/5 3/1*    +0.255    62.7%  8.3% 0.3%   37.3%  5.3% 0.2%
8/3         +0.250    62.5%  6.2% 0.2%   37.5%  2.0% 0.1%

プライム対プライムでは、あまり相手の駒をヒットしたくありません。相手の進みを遅らせることになり、自分のプライムが先に崩れてしまうからです。その考えに基けば、32は 8/3 か 8/5 4/2 になります。観戦していたopponentの知り合いは、opponentが4/1* 3/1と指したのを見て「big mistake」と言いました。その後すぐにJellyFishに指させてみて「JellyFishは 4/1* 3/1 と指したが、やはり私は同意できない」とも。私も同感です。放っておけば、次にもRedのインナーボードは崩れそうです。

実際、この局面では待ち(8/3)も悪くない手だと思います。例えばRedの21ptの1個のスペアマンが22ptに移動しただけの以下の局面、


White to play 32

ここではJellyFishも8/3と指します。

JellyFishも完璧ではないわけですし、やっぱり8/3のほうがいいんじゃないの?という気もしますが、少なくともヒット(4/1* 3/1や8/5 3/1*)も候補として挙がってこなければいけないのかな、と思います。

------------------------ (以下、1999/2/17追加)

Snowieのロールアウトは違う結果になった、との情報をいただきました。
8/3がベストで、8/5 3/1*が微差の次善、4/1* 3/1はやや劣るようです。人間の大局観、侮りがたし、といったところでしょうか。


first release : 1998/6/28
last update : 1999/2/17