Advanced Backgammon
[ volume 1 Positional Play / volume 2 Technical Play ]
Bill Robertie
ibaken's review

book image page image

 2冊に分かれていて、各200題計400題の問題集です。問題はchecker play,cube action があらかた半分ずつで、すべてマネーゲーム想定です。解説は1題につき半ページから1ページ、長いものは2ページくらいになるものもあります。
 バックギャモンの基礎を理解した読者を対象としていて、レベルは高めです。「バックギャモン・ブック」のあとに読む本として、ずばりのレベルではないかと思います。値段が高いですが、
真剣にバックギャモンをやるなら必携
だと思います。

評価

too good to double

Data

ISBN : 1880604027(volume 1), 1880604035(volume 2)
Paper cover book, about 270 pages each,
1992/09, Gammon Press, $40.00 each

Table of Contents

volume 1 Positional Play
  1. Opening Play
  2. Middle Games
  3. The 5-Points
  4. Hit or Not?
  5. Attacking Play
  6. Action Doubles
  7. Crunch Positions
  8. Prime vs Prime
  9. Back Games
volume 2 Technical Play
  1. High Anchors
  2. Low Anchors
  3. Endgames
  4. Races
  5. Bearoffs

ibaken's review

全体的評価

 初級者以降のプレイヤーがそれ以上のレベルを目指す場合、必須の2冊と言えるだろう。価格的には少し高いが、この本を読むことにより、バックギャモンの緻密さ・楽しさを再認識できるであろうことを考えれば、決して高い買い物ではない。本書は深遠なるギャモンワールドへの扉となる。
 とりわけ即効性の強いのはvol.2であろう。vol.2は主にゲーム終盤を扱っており、知識として身に付けておくべき事項も多い。中上級者を目指すにあたって最低限必要な終盤知識がvol.2には網羅されている(本書の構成が局面→解説というシンプルなものであるため、知識が総論的なものではなく、各論的なものになっている傾向はあるが)。
 また主に序中盤を扱うvol.1も、Robertieの丁寧な解説により、上級者の思考プロセスを丹念に辿っていくことが可能となる。いずれにせよ、より上級を目指すserious playerにとって、十分な内容を持った2冊である。
 なお、近年の研究進展に伴い、記述に誤りが指摘されていることは本書も例外ではない。その点についての補足は後述「筆者の独断」を参考にされたい。

長所

  • 解説が丁寧である。
  • 典型的局面が網羅されているため、手筋辞典としての性質を持ちうる。 これらのシンプルな長所は、存外に大きい。

短所

  • 読者がある程度の基本的知識を有していることを前提しており、入門書としては不適切。
  • ある程度体系化されてはいるものの、議論がやや各論的。読了後、読者自身による知識の整理が必要。
  • 索引がないため、知識のつまみ食いには不向き。
  とは言え、先に挙げた長所を覆すほどの短所は見当たらない。

購入の意思決定

 ◎寸評 … serious playerの必需品。
  • 入門者 early double : まだ少し早いと思われます。
  • 初級者 mandatory double : この本がステップとなります。
  • 中級者 still worth taking : 知識の確認にいかがですか?

筆者の独断

(適正価格:$--.-- 実際価格:$14.95)
 いやはや恐れ多く、私ごときではこの本に適正価格など付けられません。繰り返して言いますが、初中級者の方がそれ以上のレベルを目指される場合、必携の2冊.....Robertieが著した、1990年代の金字塔と言えるでしょう。
 ただし、さすがの金字塔も長年の風雪に打たれ、修復の余地があることもまた事実です。長年の検証を経て、少なからず誤りが指摘されています。一つの解決策として、
  http://www.darmstadt.gmd.de/~fankhaus/jfrolls.html
にてJellyFish1.0を用いたロールアウト結果を取得するという方法があります。これらロールアウト結果との併読により、より的確な学習を進めることができるでしょう。