Backgammon
Paul Magriel

book image page image

 バックギャモン戦術書のバイブルとされる本です。チェスでいえばAron Nimzowitschの「My System」、麻雀でいえば阿佐田哲也の「Aクラス麻雀」といったところでしょうか。バックギャモンの基本となる考え方が、体系的に網羅され、たくさんの例を基に詳しく解説されています。
 内容・レベルはほぼ「バックギャモン・ブック」に相当します。順番から言えば、「Backgammon」の内容をコンパクトに再構築しつつ、応用問題の追加などのアレンジを加えたのが「バックギャモン・ブック」と言えます。このアレンジが絶妙である点、本の読みやすさ(「Backgammon」は大きくて重いです)、そして何といっても日本語である、ということで、まずは「バックギャモン・ブック」がお勧めなのですが、絶版で入手しにくくなっているようなので、英語がさほど苦でないなら「Backgammon」からスタートする選択肢もあるかと思います。
 スタートは「バックギャモン・ブック」がお勧めですが、既に「バックギャモン・ブック」を持っていてもこの本は買いです。徹底した理論化・体系化の姿勢には、バイブルの凄みが感じられます。
 著者Paul Magrielは1978年のWorld Championで、バックギャモン理論研究の第一人者と言われる人です。

評価

strong double

Data

ISBN : 0812906152
Paper cover book, 404 pages, 1985/11(初版 1976),
X-22 Publishing, $45.00

Table of Contents

  1. Basics
    1. Rules
    2. Notation
    3. Game I: Running Game
    4. Opening Rolls
    5. Game II: Holding Game
    6. Basic Doubling Strategy
    7. Game III: Priming Game
    8. Game IV: Attacking Game
    9. Pip Count
    10. Basic Odds
  2. Using Men Effectively
    1. Builders and Flexibility
    2. Duplication and Diversification
    3. When You Are Forced to Leave Shots
  3. Middle Game Strategy
    1. Modern Opening Theory
    2. Safe Play vs. Bold Play
    3. Slotting
    4. Action Play
    5. One Man Back
    6. Golden Point
    7. Splitting
    8. Doubling Theory
  4. Endgame
    1. No Possible Contact
    2. Avoiding Contact
    3. After Contact
  5. Advanced Positional Play
    1. Priming and Blocking
    2. Control of the Outside
    3. Timing
    4. Holding Game and Backgame
Glossary
Tables