New Ideas in Backgammon
Kit Woolsey & Hal Heinrich

book image page image

 エキスパートの実戦譜をJellyFish(多分Versionは2だと思います)のrolloutで分析して、エキスパートが間違えたmoveばかりを集めた本です。必然的に問題はかなり難しく、上級者向けです。「Advanced Backgammon」レベルの内容が完全に理解できた上で、相当慎重に読まないと混乱してバランスを崩すこと請け合いです(私もしっかりバランス崩しました)。
 それでも私はこの本をお勧めしたいです。
[理由その1]
 たしかに難問・奇問ぞろいで、読んですぐ強くなる、という期待は薄いですが、人間が見落としがちなさまざまな「idea」はやはり興味深く、バックギャモンというゲームの難しさ・奥の深さを再認識できます。
[理由その2]
 局面の選び方・解析方法が半端じゃありません。100以上のマッチの全局面についてrolloutして局面・候補手を段階的に振るいにかけた後、最終的には10368回のfull rolloutを行なっています。そのため局面の種類は偏ることなく広範囲に及んでいますし、rolloutの結果も非常に信頼性が高いと思われます。
[理由その3]
 Kit Woolseyの解説が良いです。各候補手の長所・短所を比較し、なぜそのmoveがbestなのかを丁寧に説明してくれています。
[理由その4]
 各候補手のEquityと共に、8人のエキスパート(Jeremy Bagai、Steve Clark、Harry Cohn、Malcolm Davis、Kim Fielding、Hal Heinrich、Al Jones、Jim Wallace)がどのmoveを選んだかが載っていて、これまた興味深いです。

 問題は全部で104問で、すべてCubelessの想定となっています。

評価

brilliant beaver

Data

ISBN : 1880604086
Paper cover book, 336 pages, 1996,
Gammon Press, $40.00

Table of Contents

  1. Assets and Liabilities
  2. Anchors Aweigh
  3. Hold the Fort
  4. The Blitz in On
  5. Pay Me Now or Pay Me Later
  6. Scrambling Home
  7. Prime Time
Rollout Results