Backgammon : Winning Strategies
Robin Clay
ibaken's review

book image page image

 ルールの説明から始まらない本で、レベル・構成とも「Advanced Backgammon」に似ています。発行が最近なので、戦術は全般にモダンで、解説にもJellyFishなどのコンピューターの評価が参照されています。またマッチプレイについての記述もあります。
 「Advanced Backgammon」と比べると解説が手薄で、Cube Actionの問題が少ないのが欠点です。ですので、この本を「Advanced Backgammon」の代わりに、と考えるのはお勧めしませんが、「Advanced Backgammon」の補助として併読すると相乗効果が期待できると思います。
 筆者Robin Clayはイギリスで4位ということなのですが、それがどれくらい強いのかはよくわかりません。

評価

take

Data

ISBN : 0330349813
Paper cover book, 244 pages, 1996/12,
Trans-Atlantic Pubns, $22.50

Table of Contents

  1. The Opening
  2. The Middle Game
  3. The End Game Race
  4. Timing
  5. The Semi-Back Game
  6. The Back Game
  7. Probability and Luck
  8. Chouette
  9. Tournament Backgammon
  10. The 100 Question Quiz

ibaken's review

全体的評価

 ジャストフィット層は中級者を目指す初級者だが、最終章"the 100 Question Quiz"は中級者にも楽しい章である。幅広いレベルを対象とした、隠れた名著と言っていいだろう。
 構成は主として局面→解説で、Bill Robertie 「Advanced Backgammon」に類似しているが、掲載局面数が少ないためか、解説はやや総論的でわかりやすい。最終章で学習事項の定着度を確認できるのも親切な設計である。文庫本を一回り大きくした程度のコンパクトなサイズなので、持ち運びにも便利。

長所

  • コンパクトなサイズなので携帯に便利。
  • 局面→解説のシンプルな構成なので読みやすい。
  • 解説が総論的でわかりやすい。
  • 最終章"the 100 Question Quiz"で学習成果を確認できる。

短所

  • 掲載局面数が少ないこと、総論的であることから例外則に対する考察が少ない。
  • サンプルゲームが掲載されていない。ゲーム全体としての流れを知ることができない。

購入の意思決定

 ◎寸評 … 初級者向けの隠れた名著。
  • 入門者 takable : 買っても損はしません。
  • 初級者 take : いい本だと思います。
  • 中級者 marginal take/pass : あえて買う必要はありません。

筆者の独断

(適正価格:$22.50 実際価格:$22.50)
 旅の思い出を一つ。私はかつて、3ヶ月ほど欧州を一人旅したことがある。一人旅は気楽な反面、やはり多少の寂しさは否定できない。旅の気まぐれにパブに入り、のんびりとコーヒーを口にしながら、ただこの本を読んでいた。
 不意に声を掛けられた。
  "Do you play backgammon?"
それがMartin,Saari,Pekkaの3人組との出会いだった。意気投合した4人は、翌日もこのパブで会うことになった。我々は彼の地、バンゴールにてひとときのぬくもりと、悲しみの別れを体験する。

 この本は私にこのような体験をもたらしました。ハンディで旅のお伴に最適、初級者にはうってつけ。個人的な思い入れもあって、いい本だと思います。

p.s. Pub Rascal'sに幸せな出会いの多からんことを。

------------------------ (以下、1999/8/3追加)

> p.s. 毛塚さん
>  例のギャモン本の書評に書いた、パブで知り合ったドイツ人から
> 結婚式の招待が来ました。懐かしく、嬉しかったです。